元町珈琲モデル

元町珈琲モデルは数ある珈琲チェーンとは差別化されたコンセプト・メニュー戦略で、オーナー様と一体になってビジネスを育成しています。

  1. ゆったりした時間をすごす空間と珈琲をお客様に提案する“元町珈琲ブランド”
  2. 裾野の広い珈琲とパンマーケットを今後、成長が見込まれるシニア世代をターゲットにした事業
  3. 地域のお客様に寛ぎやイベントを通して地域貢献できる事業
  4. オーナー様と一体になったビジネスプランニング

【ゆったりとした空間と本格珈琲をお客様にご提供する“元町珈琲ブランド”】

日本の珈琲文化発祥の地『港・元町』をイメージし、こだわりの珈琲と独創的な空間の“離れ”で豊かなひとときをご提供しているお店です。客席スペースはもちろん、珈琲やお食事メニュー、デザートにもこだわり、お客様をおもてなしいたします。

 

【本格珈琲と手作りパンで 成長市場の本物志向のシニアをターゲットにした事業】

お客様に支持していただくために元町珈琲では付加価値戦略を展開しています。単に珈琲とパンを提供するチェーン店ではなく、本格的な珈琲、手作りのパン、特徴的な喫茶メニューを提案させていただきます。これがマーケットに多くある競合店から選ばれる大切な理由です。

 

 

【地域のお客様に寛ぎの空間提供やイベントを通して地域貢献できる事業】

元町珈琲はワンランク上の空間で豊かな時間をすごしていただく事をコンセプトにしています。弊社のバリスタが珈琲を美味しく淹れる珈琲教室や、地域で活動されている方を招いて演奏会を実施したりするなど、地域密着で地元もお客様に愛される店舗づくりを目指しています。

また、予約もできるミーティングルームを備えている店舗もあり、ビジネスミーティングからお誕生日会まで、様々な形で地域の方々に活用していただいて居ます。

 

 

【オーナー様と一体になったビジネスプランニング】

定期的に行われるオーナー会、メニュー開発会議などオーナー様とコミュニケーションがとれる会議が行われています。私たちは単にフランチャイジーとフランチャイザーの関係ではなく、一緒にビジネスを成長させるパートナーであると考えています。